お知らせ

news

    HOME > お知らせ > 当院の新型コロナウィルスへの対応について

news

お知らせ

当院の新型コロナウィルスへの対応について

よつ葉歯科クリニックのHPをご覧いただきありがとうございます。
当院の新型コロナウィルスへの対応についてご紹介させていただきます。

 

免疫力と口腔内の関係

感染症に罹患しないように、免疫機能を正しく維持することが重要だと様々なメディアで報じられています。
免疫力とは、病気などに対抗し体を守ろうとする力のことです。

 

睡眠や栄養が不足したり、過度なストレスを抱えていると免疫機能が低下し、
病気に対抗できずに風邪や感染症などに罹患しやすくなります。正しい生活習慣を心がけることで免疫力を正しく維持させ、感染症に罹患しないように呼びかけられています。

 

では口腔内の健康はどのように免疫力に関連してくるのでしょうか。 口腔内で多くの人に見られる慢性炎症は口の中の歯周病や歯槽膿漏といわれる症状です。
炎症が発生していると免疫機能がうまく働かず免疫低下につながってしまいます。
また歯周病や歯槽膿漏は、免疫力を低下させるだけでなく、口臭や虫歯にもつながります。
治療を先延ばしにしてしまうと、口腔内環境の悪化につながり、結果免疫力が低下してしまう悪循環となってしまいます。

 

免疫力を正しく機能させ、リスクを減らすためにも口腔内の環境を清潔に保つ必要があります。
外出自粛時においても通院は対象外となっております。(3月下旬時点) 虫歯や口腔内に違和感を抱えたままですと状態を悪化させてしまいます。痛みや違和感がある方は早めに歯医者にかかるようおすすめいたします。

 

新型コロナウイルスへの対応について

歯科治療では、感染した飛沫コロイドがデンタルユニットの半径10mに及び飛散すると言われています。
よつ葉歯科クリニックでは、全ての治療が個室の中で行われています。

 

また、患者様ごとにクラスB滅菌器を使用した器具を使用しております。
滅菌パックの中に入れられた器具は、クラスB滅菌機でないと滅菌できません。
しかし、クラスB滅菌機の日本での導入率は2%以下(2014年調べ)と言われています。

 

デンタルユニットなどの備え付けのものに関しては、患者様の診療が終わるごとに消毒液による清拭を行ったうえで、次の患者様にお使いいただいております。

 

一般的に、歯科でのメジャーな病気である歯周病や虫歯は細菌感染症ですので、
よつ葉歯科クリニックでは、治癒率をよりあげるため、また、再発リスクを下げるために、常日頃より消毒・滅菌も厳格に行っております。

 

院内での感染を防ぐため、熱・咳の風邪症状のある患者様に関しましては、
ご予約をキャンセル頂ますようお願いしております。
多少の熱の場合、ご自身の活動には問題ないかもしれませんが、万が一の感染を考慮し、念の為ご来院をお控えいただきますようお願いいたします。

 

今回のキャンセルに着きましては可能な限りお早めの次回アポイントをご用意出来るよう努めます。
また以下

①37.5℃以上の発熱又は呼吸器症状(軽症の場合を含む。)をお持ちの方
②37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航又は居住していた方
③37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴がある方
①~③いずれかの要件を満たす方は、来院前に最寄りの保健所または医科にご相談くださいますようお願いします。

 

また上記以外にも、過去1カ月以内に中国本土に渡航または居住していた方やその接触者は、受診前に院長までご申告いただけますようお願いいたします。
その他、過去1カ月以内に海外への渡航歴がある方や健康状態に不安がある方は受診前に電話でご確認いただけますようお願い申し上げます。